ママもニッコリ笑顔【長時間寝かせても安心なベビー布団を選ぼう】

我が子の肌を守る

大人の肌とは違い乾燥しやすい赤ちゃんの肌は毎日のケアが大事です。正しいケア方法を理解して乾燥を防ぎましょう。その為にはまず、清潔な皮膚を保つ事から始めましょう。

詳しくはこちら

赤ちゃんの寝室

赤ちゃんが寝る為に必要ばベビーベッドはレンタルで用意する事が出来ます。レンタルで借りるベビーベッドは組み立てに掛かる時間も1時間以内と非常に簡単なつくりになっています。

詳しくはこちら

丸洗いも可能なベビー布団

赤ちゃんは生活のほとんどを布団の上で行います。したがって布団選びは慎重に行う必要があります。ベビー布団には様々な種類や用途がありますが、毎日使う布団は丸洗い出来る物を揃えると良いでしょう。

詳しくはこちら

素材で選ぶベビー用品

赤ちゃんの手

お母さんがベビー布団を選ぶ際にはいくつかのポイントに絞って選んでいる事があります。その1つがベビー布団の素材です。大人と違い赤ちゃんの肌は非常にデリケートなつくりなので肌トラブルを起こさない素材で出来たベビー布団を使用しなければいけません。化学薬品による影響を出来るだけ抑えたいのであればオーガニックコットンで作られたベビー布団を選びましょう。オーガニックコットンで作られたベビー布団は素材の元になるコットンの生産や加工にまでこだわって作られているので安全性が高く使い心地も非常に良いです。少し珍しい素材だとラクダの毛を使用したベビー布団も存在しています。ラクダの毛は吸収性や放湿制が高いので蒸れから赤ちゃんを守ってくれます。羽毛を使ったベビー布団なら軽くて柔らかいので赤ちゃんに負担がかかる事無く使用する事が出来ます。赤ちゃんの肌を考えてポリエステルで作られたベビー布団を避ける方も居ますが、自宅にある洗濯機で丸洗いが出来るので清潔さを維持しやすいベビー布団といえます。赤ちゃんは汗をかきやすく、おねしょやミルクをこぼす事も日常茶飯事です。水分が原因でダニやカビが発生してしまいますが、ポリエステルのベビー布団ならすぐに洗濯する事が出来ます。どの素材を選ぶかは赤ちゃんの肌質を考慮しながら行う事が大事です。安全で安心なベビー布団を選ぶなら最低でも通気性、調湿制、クッション性、これらを比較しながら選ぶと良いです。ママもニッコリ笑顔になれるはずですし、明るい家庭で赤ちゃんもすくすくと育つでしょう。